身体の冷えを防ぐ 2

前回の記事をご覧になった方から

「義務のようにお水を飲んでいました」と

メッセージをいただきました。

 

皆さま、こんにちはヽ(´▽`)/

ビューティーコンシェルジュ・寺田美香です。

今日は・・・

【お水の摂り過ぎに注意する】

いつの間にか定着しつつある、お水2リットル説ですが・・・。

そもそも、身体の大きさが違いますし

お食事そのものにも水分は含まれていますし

召し上がっているものも違うわけです。

 

ということは・・・体内の塩分濃度も違うわけです。

ここで気をつけたいのは、

お水の飲み過ぎで、体の中が冷えることと

塩分濃度が薄くなり、だるさや低体温になることです。

 

近年、塩分摂取を控えすぎている方が増えて

上記のような症状の方も多くなっています。

高血圧症の場合は控えるのが望ましいのですが、

身体にとっては、塩分も体温を上げるのに必要なのです。

寒い冬がやってくる前に、ラジオ波の体験もいかがですか?

______________________________________________________

ビューティープロは、40代以上のおとなの本気にもしっかり応えます。

ご予約は、LINE@登録いただきトークでお願いいたします。

LINE@特典がご利用いただけます〜〜〜♪

お問い合わせ・ご予約はLINEのトークでも承ります!

LINEat_icon_basic_A

LINE ID : @yokohama-beautypro

 

♡もっと知りたい美容情報♡

0000150894

関連記事

  1. お母様の手にシミはありますか?

  2. 塗るだけで排泄のお手伝いをするクリーム

    この夏変わりたい方は筋膜リリース!

  3. 残り数日!10月限定肩甲骨二の腕コース!

  4. 春になったらクスミが気になります!

  5. 3月サンキューキャンペーン

  6. 低体温を予防する

寺田美香のブログ┃アーカイブ